So-net無料ブログ作成

殺人 34歳女性と5歳長男死亡 刺された傷…京都(毎日新聞)

 23日午後8時ごろ、京都市伏見区竹田三ツ杭町の市営竹田住宅の一室で、住人の中西真澄さん(34)とその長男(5)が血を流して死んでいるのを、滋賀県内に住む中西さんの父親と、通報を受けた警察官が発見した。2人には刺された傷があり、京都府警伏見署が殺人事件として捜査を始めた。

 同署などによると、中西さんは夫(30)と小学3年生の娘(8)の4人家族。娘は同じ市営住宅の別の住民の部屋にいて無事だったが、夫の姿がなく、同署などが捜している。

<富良野市長選>能登氏が再選 北海道(毎日新聞)
河村名古屋市長「改めて市民に問う」(産経新聞)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞)
47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾−刷新会議(時事通信)

赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)

 【ケープカナベラル(米フロリダ州)時事】山崎直子さん(39)が宇宙で作った赤いシャボン玉の写真が16日(日本時間17日)、夫大地さん(37)の簡易ブログ「ツイッター」で公開された。
 色付きシャボン玉は、長女優希ちゃん(7)が幼稚園児の時に取り組んだ夢。ただ地上では、重力の影響で玉の下のしずく部分にしか色は付かず、宇宙に行った山崎さんに「実験」をお願いしていた。
 大地さんによると、山崎さんは14日朝、トロピカルジュースやせっけんを使って成功したという。 

【関連ニュース】
「ママ、赤いシャボン玉だ!」=ジュースで作成、夢かなう
「ママ、シャボン玉お願い」=自由研究宇宙に託す
南極から理科の授業=観測隊同行の教諭
「原動力は子供時代の星空」=宇宙少年団式典で山崎飛行士
〔地球の風景〕世界記録、シャボン玉に94人

家族5人刺され、1歳女児死亡…容疑の男逮捕(読売新聞)
リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止−厚労省(時事通信)
チリ大地震津波勧告 避難率、4割を切る(産経新聞)
小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
アイスランド噴火で成田発着22便が欠航(産経新聞)

橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)

 大阪府と大阪市を再編する「大阪都構想」を唱える橋下徹知事は13日に放送された民放のテレビ番組で、2011年秋の大阪市長選について、「このまま平松邦夫市長と政治的に見解が合わなければ、(自ら出馬する)可能性はゼロではない」と述べ、構想を巡って激しく対立する平松市長らをけん制した。

 番組は12日夕に収録。橋下知事は、自らが代表に就いて19日に発足させる地域政党「大阪維新の会」について、「今の大阪市議は死ぬまでやりたい人ばっかりだから、大阪市の解体は無理。1期で構わない、大阪を変えたいと思うような集団を作る」といい、平松市長との対立が続けば「維新の会で、大阪市長を取りにいかなければいけない」と、次期市長選に候補者を擁立する可能性にも言及した。

 平松市長は「体制を変えればメリットにつながるというのは目くらましだ」などと批判している。

<東海道新幹線>男性が先頭部分にぶつかる 命に別条なし(毎日新聞)
茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
<家畜>放牧が温室効果ガス抑制? 草原放出量…独研究(毎日新聞)
<福岡発砲>「暴力追放運動、全面支援」…警察庁長官が視察(毎日新聞)
<山崎宇宙飛行士>シャトル、1周延期で着陸目指す(毎日新聞)

危険業務従事者叙勲に3625人(時事通信)

 政府は10日付で、警察官や自衛官などの危険性の高い業務に長年従事し、社会に貢献した元公務員(55歳以上)を対象とする危険業務従事者叙勲の受章者3625人(うち女性10人)を発表した。29日に発令される。
 内訳は、瑞宝双光章1931人、瑞宝単光章1694人。職種別では、警察官が1836人で全体の50.6%を占め、次いで自衛官が937人(25.8%)、消防士が619人(17.1%)などとなった。 

自民幹事長代理に河野氏…刷新要求沈静化図る(読売新聞)
「彼女を迎えに行くため」信号無視でひき逃げ 男逮捕(産経新聞)
<海賊>東アフリカ沖で日本関係船に発砲 航行には支障なし(毎日新聞)
<訃報>星川清司さん86歳=直木賞作家(毎日新聞)
【舞台はここに】黛敏郎「涅槃交響曲」 奈良・東大寺(産経新聞)

文化・観光でワンストップ窓口=外国人客誘致へパリなどで試行−政府(時事通信)

 政府は4日、世界の主要都市で、日本文化の情報発信と観光案内の提供を一括で行う「ワンストップサービス」を始める方向で調整に入った。現在は二つの独立行政法人の海外事務所がそれぞれ担っている文化と観光の窓口業務を一本化。日本について興味を持ってもらうと同時に、訪日外国人の増加につなげる。2011年度にパリなど数カ所で先行実施する見通しだ。
 二つの独立法人は、外国との文化交流事業を展開している国際交流基金(海外事務所数22カ所)と、外国人観光客誘致を担っている国際観光振興機構(同13カ所)。それぞれの海外事務所を同じ場所に統合し、ワンストップ窓口をつくる。
 現在は基金が邦画上映会などを開催して日本への関心を高めても、観光に結び付いていないとの指摘がある。パリなどで効果が上がれば、2〜3年後をめどに両団体の全事務所で業務を一本化。片方の事務所しかない国にはもう一方の駐在員を派遣し、最大で世界25カ所に窓口を拡大する。 

【関連ニュース】
18公益法人の役員兼務=刷新会議の茂木氏
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示
北朝鮮に大使館開設せず=核開発続ける限り「見返り与えない」
「世界一のトイレ」=高級料亭も
首相への意欲「全くない」=仙谷氏

<山崎宇宙飛行士>ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)
私立中学にも独自助成へ=全国初、高校無償化受け同額−鳥取知事(時事通信)
首相動静(4月1日)(時事通信)
与謝野氏、自民総裁と会談=新党結成の意向伝達へ(時事通信)
セクハラ相談員がセクハラ!酔ってキス強要(スポーツ報知)

<国立大>法人化後医系・文系で研究の質低下 学部長調査(毎日新聞)

 04年度に始まった国立大法人化後、医歯薬学系と文科系の学部で研究の質の低下や職場環境の悪化が目立ち、学部間の格差が生じていることが、国立大学財務・経営センターによる全国立大の学部長を対象とした調査で明らかになった。

 調査は08年12月〜09年2月、全国立大86校の学部長を対象に実施。7割が回答し、理工系▽農学系▽文科系▽医歯薬学系▽その他に分類して解析した。

 分析結果によると、論文・学会発表の数が、医歯薬学系では「(法人化前より)減った」との答えが57.7%、文科系も34.5%に上り、それぞれ「増えた」を上回った。理工系、農学系は「増えた」との回答が多かった。「研究の質」では、理工系と農学系は「向上した」が多かったが、医歯薬学系と文科系は「低下した」が上回った。

 「職場の雰囲気」が「悪化した」との回答は、医歯薬学系47.1%、文科系45.9%と、それぞれ「良くなった」を大きく上回り、悪化の割合が理工系、農学系より高かった。

 医歯薬学系は、法人化によって付属病院の経営改善を求められ、教員の仕事量が急増。文科系は、国からの運営費交付金が減る一方、理科系に比べ外部資金の獲得が難しいことなどが背景にあるとみられる。【永山悦子】

<ES細胞研究>生殖細胞作成 4月にも解禁(毎日新聞)
中3女子、大麻所持で逮捕=制服のポケットに−兵庫県警(時事通信)
普天間移設、「地元了解抜きの合意せず」首相(産経新聞)
檀家に振り込め詐欺防止を説法…住職が一肌(読売新聞)
「キャバクラ労組」100人が歌舞伎町をデモ(スポーツ報知)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。